クエストカフェ メルマガ (バックナンバー閲覧)
----- questcafe -----


件名:スピマガVol.12
日付:2007/06/06
差出人:スピリチュアル・ボイジャーズ運営事務局 

◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

意識的な世界を創造する注目すべき人々
『スピマガ』スピリチュアル・ボイジャーズ《メールマガジン》VOL.12

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎

2007年6月6日配信
-------------------------------------------------------------------------


こんにちは!

ここのところ、岡山はとっても気持ちのいい天気が続いています。

全国的にも天気がよかったのではないでしょうか!
こんな天気も梅雨に入るまでですが・・・
こんな気持ちのいい気候がずっと続いてくれたら、生産的なのですが。。。

さて、アメリカ西部から帰って、実践していること!
それは何でしょう・・・

実は、早起きなんです。
朝、4時半〜5時に起きています。
時差ぼけを利用して、そのまま早起きに移行しました。
僕は、睡眠時間を削れない人なので、夜は早く寝ます。

もう、夜のお付き合いはできません・・・10時までには寝ちゃいますから・・・

早起きは、僕の夢でした。これまで何度もトライしたのですが、早く寝ると、
夜中の2時とか3時に目が覚めて、もう一度寝られない。
起きてると眠いのに寝られず、ボ〜っとして、睡眠不足・・・
うまくいかなかったんですね・・・

今の季節、すでに外は明るいですから、実に気持ちがいいですよ。

うちの子も朝勉強するようになって、奥さんはもともと子供のお弁当なん
かで朝5時起きになってましたから、ようやく僕も合流できました・・・

夜は早く電気が消えるので、省エネに貢献できてるかな・・・笑

さて、今回のスピマガは?



■目次
**********************************************************************

◆スピボイ便り : 取材がはかどらなくて・・・

◆新着情報 : テッドのインタビュー編集中&池田明子さんもうすぐアップ! 

◆今回のスピマガ : 競争しない生き方

◆編集後記 : 情報洪水の中で・・・


======================================================================
◆スピボイ便り : 取材がはかどらなくて・・・
----------------------------------------------------------------------


コンテンツを楽しみにしてくださっている皆さん、
スピボイの取材がなかなか思うように進んでいなくて、申し訳ありません。

本業が忙しくて、なかなか取材に時間が避けていないのです。
取材したい人もたくさんいるのですが、
遅々として進まず・・・今月は、ちょっと動きます。

僕のおすすめの本なども紹介したいのですが・・・
がんばります。

先日、このスピマガにメールをいただきました。
瞑想について、紹介してほしいということでした。
ありがとうございます!
このようなメールをいただくと、やりがいがあります。
メッセージや感想は大歓迎です。

瞑想については、あらためて書きたいと思いますが、
瞑想は、人類の未来では、食う寝る遊ぶと同じように、
生活の中で、普通に行われるようになると思っています。
それがいつのことかはわかりませんが・・・笑

ただ、瞑想の効用はとても大きいです。

気持ちが荒立つことが少なくなる。場合によってはほとんどなくなる。
シンクロニシティがものすごく増える。
トラブルが激減する。
自分のビジョンや願いが実現しやすくなる。
体調が整い、気力に満ちて、モチベーションが上がる。
自然治癒力が増す。
インスピレーションが湧く・・・

などなど、効用を語ればきりがありません。

前回もお伝えしたように、優れた経営者は瞑想しています。
多くの偉人も瞑想しています。
瞑想は科学的にも精神面や肉体に素晴らしい効用があることは、
研究で証明されています。

こんなこと書くと、早く教えてくれっていう声が聞こえてきそうです。

瞑想を実践されている方も多いと思いますが、瞑想にもたくさんの方法が
あります。どれがいいというのも、人によって合うあわないがあります。
自分にフィットするやり方を見つけていただきたいと思います。
一番簡単な方法は、静かな場所で、椅子に座って目を閉じ、
ただ、静かに呼吸するだけ・・・それだけです。

最初は、1分でもいいです。
黙想ですね。それを5分、10分と伸ばしていきます。

マントラを唱える方法もあります。いろんなマントラがあります。
本格的なものは、メールではやりにくいので、簡単なもの。

「素晴らしい人生をありがとうございます」
「豊かで幸せな人生に感謝しています」

こんな感じで、宇宙を祝福し、宇宙に感謝する。
そんなメッセージを心の中で、静かに繰り返し唱えます。
この唱える内容は、感謝の気持ちが入っていればなんでもいいです。
ご先祖様や親、身近な方への感謝でもOK!

どうですか?簡単でしょう?
これだけで、人生が変わっていきます。

また、瞑想についてはお話したいと思います。
いいことあったら、ぜひ、ご報告くださいね!




======================================================================
新着情報 : テッドのインタビュー編集中&池田明子さんもうすぐアップ!
----------------------------------------------------------------------


いま、LOHASコンベンションのディレクター。テッドのインタビュー
翻訳中です。できるだけ早くアップしたい!!デス!

僕と池田明子さんのタイミングの関係もあって、インタビューしてから、
かなり時間が経ってしまいましたが、ようやくアップできそうです!

アキさんこと、池田明子さんは、実は、あの梅沢富美男さんの奥さまです。
スピリチュアリティに明るく、植物療法、フィトセラピーの学校を自由が
丘で開かれていて、その校長先生なのです。

TV番組などにもよく出られているので、ご存知の方も多いのではないで
しょうか。

また、映画・地球交響曲第六番に登場しているシンギングリンという
神秘的な素晴らしい楽器・・・楽器といえば楽器なのですが、とても深く
癒される精巧なシンギングボールなんです。

このシンギングリンの開発者であり、色彩や心理学の専門家、
イメージコンサルタントの和真音(かずしおん)さんを今週取材します。
いま、静かに注目を集める素敵な美女です。

乞うご期待です!



======================================================================
◆今回のスピマガ : 競争しない生き方 
----------------------------------------------------------------------

僕は、基本的に競争が好きではありません。
特に、誰かが用意したコースに並ばされて、よーいドン!っていうのが
合わないんです。自分で創った道を、自分で歩く。これが僕の理想です。
そうは言ってもなかなかそんな自由な世界はないのですが。

過去生からのカルマなのか、幼少期のトラウマなのか、いずれにしても、
戦うことや競うことがにがてです。
僕の過去生は、戦士だった経験が多いそうなのですが(霊能者いわく)、
そのために、もううんざりなんでしょうか・・・

世の中は競争と戦いの世界だと思っていました。

学生時代、成績や偏差値で競わされているような感じが嫌いでボイコット状態。
それは、ある意味僕の誤解だったのですが、僕には、どうも興味が持てず、
やるきが起きなかったんですね。

その後、デザインという自分の分野を見つけ、自分のひらめきをデザインして、
それが仕事になるという理想の仕事に、毎日が楽しくて有頂天でがんばってい
ました。好きなことはトコトンできるものです。寝るのも惜しんで勉強し、
仕事をしていました。20代の前半は、競争はともかく、自分の分野で一番に
なりたいと思っていました。

しかし、そこにも競争の世界が待っていました・・・
走っても走っても、自分よりもいいデザインをする人が現れます。
自分の実力が上がれば上がるほど、自分の感性も高まって、より素晴らしいと
感じるデザインが見えてきます。気がつくと、周りには、もうすごい先達が
たくさんいて、その才能が僕に襲い掛かってくるんです。。。笑

自分より才能を感じるデザイナーに嫉妬したり、注目されるデザイナーを
批判的にみたり、そんな時代もありました。結局、自分にとって不都合な人々
さえいなかったら、自分はもっと楽に行けるのになんて、とんでもないことを
考えたりもしました。

自分が苦しいのは、この目障りな人々のせいだなんて思っていたわけです。
何を持って、自分より優れているのか、先を行っていると言えるのでしょうか?

その頃の僕は、寄らば切るぞって感じで、なんだか、どこかいつも戦闘モードで、
戦ってなくてはいけないような感覚がどこかにあったのでしょう。
この頃の僕は、比較、競争、戦いの世界にいました。

そして、いろんな経験をして、ある時気がつくのです。
この世界は終わりがないと・・・

どこまで行っても、必ず自分と比較する対象が現れます。
その先には、形を変えた比較対象が現れて、また、自分と比較してしまうのです。
比較して、自分が劣っていると感じるところがあれば、そこで落ち込んだり、
嫉妬したり、相手をつぶしてでも前に出よう、一番になろうと競争したりします。
自分が作り出した影と戦うのです・・・

そうして、また、エネルギーを消耗してへとへとになります。
この世界は、どれだけ競争に満ちているか・・・

僕は、競争の世界にいる必要がないことに気がつきました。

自分が何を求めているのか。自分が幸せと感じることは何なのか。
そこに焦点をあてるようにしたのです。
そう、自分の人生は、究極、自分の幸せのためにやっているのです
一人ひとりが、その人らしい幸せを得られればいいのです。

人生とは、勝ち抜いて、勝者になることではないと思います。

勝ったあかつきに、勝者が得るものは何でしょうか?
何を得たいために、勝者になるのでしょうか?

それは、称賛?評価?栄光でしょうか?
それとも、お金や物質的な豊かさでしょうか?

自分にふさわしい仲間といるときは幸せです。
「人生とは、結局、どんな人たちとどんな世界を創りたいのか」
これだけだと思います。

競争ではない世界とは、どんな世界でしょうか。
それは、分かち合いの世界です。
その人それぞれの素晴らしさを称えあい、豊かさを分かち合います。

どの世界住んでもいいと思います。
ただ、その人が楽しい世界にいるだけです。

もし世界の人々が争いが好きならば、地球上いたるところで争いが起こるで
しょう。みんなが平和を好めば、平和な世界になるというシンプルなものです。

僕は、地獄ってないと思っています。外から見ると地獄に見えて、そこにいる
人にとっては、快適な世界です。
逆から見れば、よくあんな世界にいるなあ・・・なんて見えるわけです。

それは、あの世でなくても、今の世界でも同じではないでしょうか。
過酷な世界から抜け出したいと思う人には光明があります。
そこにいたくないから、自分らしい住処を求めるのです。

幸せは、すべての人にいきわたってもなお十分に余りあるといいます。

旧来的なマーケティングの視点で見れば、マーケットは限られたパイ。
シェアをいかに奪うかという戦いの世界。
いろんなテクニックで、お客さんというパイを一番得た人が勝者です。
そのために、競争します。

でも、実は、パイはいつも有り余るほど残されているということです。
ただ、必要以上に求め、独占しようとすれば、他人のパイに手を出すように
なります。

資本主義の原理で言えば、ゼロサムゲームなので、
誰かが貧乏くじを引くようになっています。
世界に流通する通貨の量には限界があるからです。

それでも、有り余るくらい豊かさはあります。
世界のごく一握りの人々が、世界のほとんどのお金を持っています。
お金が、もっとシェアされたら、みんな豊かさを味わえることでしょう。
お金=豊かさではありませんが、選択肢が増えることは事実です。

しかし、そのためには、世界の意識レベルがもっと高くならないと難しいかも
しれません。その富を持った人は、また、その富のエネルギーにやられてしま
うかもしれないから。

その人にとって本当に必要な豊かさとはどのくらいなのか、よく理解すると、
実は、その人にとって、十分にパイがあるということを理解できるでしょう。
豊かさは、それを理解した人のところに流れてくるものだからです。

それは、競争ではなく、本当のあなたを知り、あなた自身の本質を生きること。
どうあれば幸せなのか。
どの程度であれば豊かなのか。
それはなぜなのか。
誰がそれを言っているのか。
そのためには、どうすればいのか。

こうして、あなたの本質に向き合い、アクセスすれば、あなたが何に幸せを
感じているのか。どんな価値観を大切にしているかがわかります。

そこに焦点を当てていくと、ライフワークが見つかり、あなたに必要な豊かさ、
幸せの価値観が見えてきます。

もう、競争はしなくていい。ただ、あなたの本質を生きればいい・・・
豊かさの本質は、あなたの内側からやってきます。

あなたはどんな世界の住人ですか?



======================================================================

◆編集後記 : 情報洪水の中で・・・ 
----------------------------------------------------------------------

インターネットが現れ、情報技術の進歩によって、世界の情報環境は一変
しました。そして、その進歩はとどまるところを知らず、どんどん進化して
います。

そこで起こっていることは、ほとんどの方がご存知だと思いますが・・・

それにしても、インターネットを覗けば何でも調べることができます。

以前は、情報の質に問題がありましたが、いまでは、調べ方次第で、
信頼度の高い情報にアクセス可能です。

特に、映像関係の技術はすごいですね。
今後は、画像のファイルサイズも大きなものが取り扱えるようになるので
しょう。

しかし、それにしても、情報の価値がどんどん低下してきています。
情報が増えれ増えるほど、価値は下がります。
情報は、ほとんど無料で手に入る時代です。

情報から逃げても、情報が追いかけてくる時代。
これからは、いかに情報をシャットアウトするかにお金をかける時代です。

インフラのない南の島や電波のとどかないアマゾンの奥地・・・

そんな場所をインターネットで探したいと思います・・・笑


 今日も、スピマガを最後まで読んでいただき、
 本当にありがとうございました!

 では、次回までごきげんよう!              和田達哉


----------------------------------------------------------------------

ぜひ、スピリチュアル・ボイジャーズをお友達やお知り合いにご紹介ください!
http://www.spiritualvoyagers.jp/

***********************************************************************

発行者:和田達哉(Robin)
    スピリチュアル・ボイジャーズ運営事務局
    株式会社パーセプション内
URL : http://www.spiritualvoyagers.jp
Mail : info@supiritualvoyagers.jp

和田達哉のブログ : シンクロないす・ド・ワンダーランド
http://robinstyle.way-nifty.com/sincronicewonderland/

-----------------------------------------------------------------------
Copyright 2006 Tatsuya Wada/Spiritual Voyagers,All Right Reserved.  
***********************************************************************
無料スピボイマガジン

発行者:スピリチュアル・ボイジャーズ運営事務局

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
http://mm.1webart.com/MM_ChangeAuto.cfm?mm=2975F340F1071F6290

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
http://mm.1webart.com/MM_BackNoAuto.cfm?mm=2975F340F1071F6290

購読停止は次のURLをクリックしてください
http://mm.1webart.com/MM_Cancel.cfm?mm=2975F340F1071F6290
***********************************************************************


無料スピボイマガジン

発行者:スピリチュアル・ボイジャーズ運営事務局

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
(本番送信時には購読者毎のURLを表示します)

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
(本番送信時には購読者毎のURLを表示します)

購読停止は次のURLをクリックしてください
(本番送信時には購読者毎のURLを表示します)
************************************************************************

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

■発行人 ワダタツヤ

■発行者:クエストカフェ運営事務局
     株式会社マイルストーンデザイン内

◎ご意見・ご感想・お問い合わせ
 https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=mile&formid=109
    
メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
バックナンバー一覧に戻る