クエストカフェ メルマガ (バックナンバー閲覧)
----- questcafe -----


件名:スピマガVol.11
日付:2007/05/25
差出人:スピリチュアル・ボイジャーズ運営事務局 

◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

意識的な世界を創造する注目すべき人々
『スピマガ』スピリチュアル・ボイジャーズ《メールマガジン》VOL.11

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎

2007年5月25日配信
----------------------------------------------------------------------


 皆さん、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか・・・

 僕は、いま、アメリカ、コロラド州のボールダーにいます。
前回、お伝えしましたが、そう、ハワイ島からメインランドへ、
ロスからセドナ、そして中西部をドライブして、デンバー、
ボールダーに来ています。

 ボールダーは、LOHAS発祥の地。LOHASの聖地なんていわれています
が、その真髄を確かめにやってきました。

 旅のゴールとしては、思った以上に控えめで、正直言って、
がっかりするくらいの感覚でしたが、実は、それは間違いだという
ことに後から気づかされました。

さすがに、奥深いぞ・・・ボールダー。

 旅の内容は、あまりにもいろいろとあって、ここでお話しするには、
あまりにも大変!というくらい、旅はいろんな物語を創り出すもの
です・・・・

旅の内容は、この後、いくつかのエピソードをご紹介したいと
思います。

 いずれにしても、今回の旅も結局、自分は何者か・・・
そのアイデンティティに触れる旅になりました。

 アイデンティティというキーワードは、僕が皆さんに一番お伝え
したいテーマのひとつです。

 人生を幸せに生きる方法、その一番の近道はアイデンティティに
アクセスすること。「旅」とりわけ「一人旅」は言ってみれば手近
なビジョンクエストです。

 ビジョンクエストは、センターにアクセスすればするほど、何層
にも重なったたまねぎの皮をはいでいくようなもので、中々簡単には
そのコアにアクセスすることはできません。

 普段の生活のパターンの中ではなおさらです。

 だから僕は「旅」しかも「一人旅」をお勧めします。

 今日は、スピリチュアリティの聖地でもあるボールダーから
お送りします。少しでも、エネルギーに触れていただけたら幸いです!

 さて、今回のスピマガは・・・?


■目次
*******************************************************************

◆スピボイ便り : LOHAS11に行ってきました。 

◆新着情報 : LOHASの発信源、LOHASコンベンションのディレクター
       テッド・ニンさんにインタビューしました!  

◆今回のスピマガ : ありがとう!アメリカ 

◆編集後記 : 旅の終わりに


===================================================================
◆スピボイ便り : LOHAS11に行ってきました。 
-------------------------------------------------------------------


 今回の旅の一番の目的は、ロサンジェルスで行われたLOHAS11に
参加することでした。ロスにそのまま行くのでは面白くないので、
ちょうど、ハワイ島の友人も訪ね、ハワイ経由で行くことになりま
した。その後、オヒレハヒレがついて、結局、セドナ〜中西部の旅
とあいなったわけです。

 さて、このLOHAS11とは何なのかというと、年に一回行われている、
LOHASに関する総合的な情報交換会・・・というか、最新情報をシェア
するべく、さまざまなセミナーや展示、イベントが一度に行われる
ものです。

 私は、日本を代表するLOHASプロデューサ、大和田順子さんと
イデトシカズさん、そして、LOHASイベントを手がける秋元さんたち
と参加しました。会場は、マリーナデルレイ。サンタモニカの近く
のハーバーリゾートです。

 基本的に、セミナーが中心。しかも英語のセミナーに連続して
参加したのは初めてで、後半は、頭が爆発しそうになりました。。。
シリコンバレーに14年も暮らしていたイデさんやLOHAS6から参加し
ている最初の日本人、大和田さんの助けを借りながら、何とか乗り
切りました!

 おかげで、僕の英語もMuch improveしたのではないかと思います!?

 LOHASについて、いろんな現状が紹介されましたが、こうしたトレ
ンドをいかにビジネスにつなげていくか、また、さまざまな成功事例
や経営に関するノウハウなど、LOHASという言葉が、もともとマーケ
ティング用語だっただけに、本国アメリカでは、日本のLOHASの印象
とかなり異なります。

 僕のような立場だと、とても参考になる情報ばかりですが、もし、
LOHASライフを楽しみたいという人が、参加しちゃったら、ムムム?
というようなことになるでしょうね。

 特に面白かったのは、経営の神様、ピーター・ドラッカーの経営
学校の教授、ジェレミー・ハンター氏の経営に生かす瞑想の効用に
ついての講義でした。彼は、日系ハーフの男前で、後ろの女性たちも
“Wow!Cool!”なんて言ってましたが・・・彼は、ドラッカースクール
で、瞑想を教えています。経営におけるインスピレーションや経営
判断において、瞑想がいかに役立つかを論理的に分析しています。
こういうことが、先端の経営手法の中に組み入れられていることが、
アメリカの素晴らしさです。

 以前、聴いたことがあるのですが、例えば、日本でもブームとな
ったコーチング・・・これも、アメリカでは、コーチングの本の表紙
が、社長室のテーブルの上で瞑想する社長のイラストだったりと、
マインドや意識とのかかわりの深いものだったりします。

 さて、その他、LOHASの現状として、アメリカのポートランドや
シカゴなどの取り組みが報告されたり、ゴミのユニークなリサイクル
事業で、起業して成功している20代の社長のプレゼンテーション、
環境住宅、マーケティングなど、さまざまな内容が紹介されました。
これについては、大和田さんやイデさんのWebサイトやメルマガ、
また、LOHASのフリーペーパー、オルタナなどで、大和田さんの
レポートなどが詳しいと思います。

大和田順子さんWebサイト:
http://www.owadajunko.com/

イデトシカズさんWebサイト:
http://lohas-life.jp/

ロハスワールド・秋元さんのWebサイト:
http://www.lohas-world.com/

オルタナWebサイト:
http://www.alterna.co.jp/

 LOHAS11の後半では、パネルディスカッションで、イデさんも参加
して、日本のLOHASの現状や傾向などについて、アメリカはもとより、
オーストラリアやニュージーランドからのオピニオンリーダーとトー
クセッションして、関心を集めていました!さすがです・・・!

 また、早朝7時より、TV通販で大人気の格闘系フィットネス・・・
Taeboの開発者、ビリー・ブランクスさんのTaeboレッスンがあって、
(http://www.billyblanks.com/)
モーレツしごき教室(同年代以上の方わかりますね・・・笑)の状態
でした!さらに、翌日は、ダンス系ヨガのパトリシア・モレーノさん
のヨガワークなど、マリオットの屋上で、デルレイのヨットハーバー
を見ながら・・・見てる余裕はないか・・・使っていない筋肉が悲鳴
を上げました・・・

 こうして考えてみると、いや、旅をして思ったのですが、シンプル
なところでは、ご存知の通り、食べ物を注文すると、異常な量が出
てきます。日本の通常の倍はあります・・・結局、食べすぎ・・・!?

 よく食べ、よく運動する・・・これはいいことかもしれないけど、
食べることを控えて、適度に運動すればいいんじゃないかなと・・・
よく食べた分を消化するために、ハードなワークアウトは必要ない
気がするのは僕だけかな??大量のゴミも出るわけで・・・

 そういう意味で、LOHASがアメリカから生まれたのも、こうした
アンチテーゼが高まって来た証でもあります。だから、日本人や
アジアの人には、LOHASは相性がいいんですね。

 スピボイのイデさんのインタビューでもあるように、LOHASと
スピリチュアリティは深い関係があるのです。その事については、
LOHAS11を企画・運営しているのディレクターのテッドを本日、
インタビューしたので、そこでも語られています。お楽しみに!

 すでに、ちょっと長すぎるなあ・・・
メルマガとしては・・・どうしよう。

続けます・・・


===================================================================
新着情報 : LOHASの発信源、LOHASコンベンションのディレクター
       テッド・ニンさんにインタビューしました! 
-------------------------------------------------------------------


 本日、ここボールダーにて、LOHAS11を企画・運営している
ディレクターのテッド・ニンさんをインタビューしました。

 ついに、初の英語インタビューを敢行!このスピボイでも、
いつか、海外で英語のインタビューをやるようになるとイメージ
してましたが、こんなに早く実現するとは・・・

 ちなみに、エハンは、日本語(関西なまり)も漢字もうまい!
30年住んでるからね。

 僕のひどい英語に、快くインタビューに応じてくれたテッドに
感謝です!

 本場のLOHASの流れや価値観について、お話が聞けます。
もちろん、翻訳します・・・(笑)

 乞うご期待・・・!


===================================================================
◆今回のスピマガ : ありがとう!アメリカ 
-------------------------------------------------------------------

 僕は、今回の旅で、まず、アメリカに感謝したいと思います!
こう書くと困惑する人も出るかもしれません・・・

 僕は、いつも思います。アメリカで僕が出会って、友達になる
アメリカ人は、みんなフレンドリーで、魅力的で、素晴らしい人
たちです。今回の旅でも、いろんな人とお話したり、友達になっ
たりしました。

 メディアで見るアメリカは、ブッシュ政権や戦争をするアメリカ、
エゴイスティックな国アメリカのような印象を受けますが、実際に、
そういう空気は感じません。もちろんどんな人たちと接するかにより
ますが・・・LOHASな生き方、暮らし方を選択する人々は、カルチュ
ラル・クリエイティブといわれる文化創造者というカテゴリーの人々
です。これらの人々は、一応に意識が高く、スマートな価値判断を
しています。

 コミュニケーションにもオープンで、相手の考え方を受け入れ、
理解しようと努めます。協調、調和を大切にして、平和的でありたい
と願う人々でしょう。こうした人々が、実は、アメリカ人の5人に
1人はこういう意識の高い人々であるという事実をよく理解する必要
があります。

 僕は、ニュースを見ないようにしています。基本的にTVも見ま
せん。ニュースやTV番組は、人の集合無意識を象徴しています。
みんなが興味、関心を持つものを制作し、また、報道するからです。
悲惨なニュースや驚愕のニュースは、注目されます。しかし、それは
本当に僕たちにとって必要な情報でしょうか。もちろん、そうした
事実を知るということは大切かも知れません。でも、そのために必要
もない好奇心や感情をかきたてる必要はありません。もちろん、何が
あっても平常心であればいいのですが、悟りに程遠い僕は、もっと
単純な方法を選択しているということです。

 自分に必要な情報は、必ず届けられるものです。

 さて、そんなわけで、アメリカという国を、メディアが原因のため
誤解している人も多いものです。アメリカという国家とひとり一人の
個人は異なります。大切なのは個人。インディビジュアルなのです。

 さてさて、こんな事を書いていたら、旅の話ができないので、
エピソードは、何回かに分けたいと思います。

 今回の旅で、もっとも面白かった体験は、2つあります。
レベルが低いのは・・・警察に捕まったこと・・・
なかなかいい体験は、クルマでひたすら走ったことです。

 良くも悪くも、アメリカというクルマ社会を体験しました。
警察に捕まったというのは、大げさですが・・・(爆)

・・・スピード違反です!
詳しくは、僕のブログで・・・
http://robinstyle.way-nifty.com/

 そして、以前もネイティブ・アメリカンの居留地を走りましたが、
今回は、ひたすらほぼ一直線の道を途中立ち寄りながら、ひたすら
走りました。オートドライブがあったので助かりました。

 ハワイ島から旅をするというのもなかなかないのですが、
どこも特徴的な場所でした。

 海と太陽と火山の大自然の島。開放的な大都会ロサンジェルス。
サバンナのようなフェニックスから大地、岩のエネルギーが感じら
れるネイティブ・アメリカンの聖地セドナ。

 荒野の中の避暑地、人造湖レイクパウエルと自然が創ったアート、
アンテロープキャニオン。西部劇のもっとも西部劇らしい、ワイル
ドウエスト。モニュメントバレー。
地球とは思えない・・・アーチーズ。
そして、雪のフリスコとLOHASの聖地、ボールダー・・・

 常夏の島から砂漠、荒野。残雪のスキーリゾート・・・
そして、森林と丘。アメリカの懐の深さを思い知りました。

 こうして、振り返ってみると、この2週間ちょっとの出来事とは
思えません。


 旅とは体験です。体験のない旅はありません。

 体験は、僕たちが普段使っていない感性を刺激して、感覚の幅を
広く、深くしてくれます。毎日、同じ暮らしのパターンに埋没して
いたら、そのことに関して深くなるでしょうか・・・人間は習慣化
すると、そのパターンについて意識しなくなる傾向があります。

 ですから、ひとつのことを追求するということは、それだけ深く
なっていく、そう思いたいのですが・・・実は、パターンは無視し
てしまうようになるのです。その道を極める人ほど、まったく異な
る体験をするように心がけているそうです。

 筋肉の動きもサイバネティクスでみると、すべての筋肉が連携して
動いています。ですから、走るなら走ることだけの筋肉を発達させれ
ばいいのではなく、実は、複合的なトレーニングで、全体的に強化し
ていく必要があるのです。

 これは、脳も思考も、意識も魂も同じでしょう。

 多角的。総合的な刺激が、専門性をより高め、そして、深めてくれ
ます。

 そういった観点からも、旅は人生を深めてくれる簡単な方法です。

 僕の旅はちょっと普通ではないかもしれませんが、興味と直感で
組み立てて、シンクロにしたがって、宿も決めずに旅をする。
人生を信頼して、自分に起こるできごとを信頼すると、必ず宇宙は
適切な答えをくれます。

 今回の旅では、その連続でした。

 旅の内容は、今回全ては書けませんでしたが、自分の旅を信頼する
と、素晴らしい体験として帰ってきました。これこそ、宇宙からの
祝福だと思います。

 今回、僕の旅に協力してくれた家族、チーム。そして皆さんに
感謝します。
そして、僕をサポートしてくれたガイドにも感謝します。
僕をこの旅に導いてくれたスピリットに感謝します。

 そして、僕を楽しませてくれたアメリカ・・・ありがとう!


(前回、宇宙を味方につけるお話のパート2を書く予定でしたが、
すいません・・・また、今度にしますね。)


===================================================================

◆編集後記 : 旅の終わりに 
-------------------------------------------------------------------

 旅は今日でおしまい・・・明日は、飛行機に乗って寝るだけです・・・
最後に、ボールダーに来たことは、とてもよかった。
ボールダーの最初の印象は、悪くはないけどなんの変哲もない、
いわゆる緑豊かな美しい街。

 でも、実は、とてもとても深かったのです。その奥深さは、
郊外にありました。ボールダーを語るなら郊外を語れ。豊かな
丘陵地が広がり、爽快な気分にさせてくれます。山に川、
アクティビティも盛りだくさんです。

 それだけではなく、宇宙飛行士からスピリチュアルパーソンまで、
アカデミックで精神的・・・博士号を持つ人が全米で一番たくさん
住んでいるのもここボールダーだそうです。

 期待しすぎて、なーんだと思いきや、ぜんぜん違う角度からじわ
じわと心を動かされるボールダー。
 
 いつも期待通りで、やっぱり約束を守ってくれるハワイ。

 あなたは、どっち派?

 今日も、スピマガを最後まで読んでいただき、本当にありがとう
ございました!

 では、次回までごきげんよう!            和田達哉


-------------------------------------------------------------------

ぜひ、スピリチュアル・ボイジャーズをお友達やお知り合いにご紹介ください!
http://www.spiritualvoyagers.jp/

********************************************************************

発行者:和田達哉(Robin)
    スピリチュアル・ボイジャーズ運営事務局
    株式会社パーセプション内
URL : http://www.spiritualvoyagers.jp
Mail : info@supiritualvoyagers.jp

和田達哉のブログ : シンクロないす・ド・ワンダーランド
http://robinstyle.way-nifty.com/sincronicewonderland/

--------------------------------------------------------------------
Copyright 2006 Tatsuya Wada/Spiritual Voyagers,All Right Reserved.  
********************************************************************
無料スピボイマガジン

発行者:スピリチュアル・ボイジャーズ運営事務局

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
http://mm.1webart.com/MM_ChangeAuto.cfm?mm=2975F340F1071F6290

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
http://mm.1webart.com/MM_BackNoAuto.cfm?mm=2975F340F1071F6290

購読停止は次のURLをクリックしてください
http://mm.1webart.com/MM_Cancel.cfm?mm=2975F340F1071F6290
********************************************************************


無料スピボイマガジン

発行者:スピリチュアル・ボイジャーズ運営事務局

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
(本番送信時には購読者毎のURLを表示します)

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
(本番送信時には購読者毎のURLを表示します)

購読停止は次のURLをクリックしてください
(本番送信時には購読者毎のURLを表示します)
*********************************************************************

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

■発行人 ワダタツヤ

■発行者:クエストカフェ運営事務局
     株式会社マイルストーンデザイン内

◎ご意見・ご感想・お問い合わせ
 https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=mile&formid=109
    
メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
バックナンバー一覧に戻る