クエストカフェ メルマガ (バックナンバー閲覧)
----- questcafe -----


件名:スピマガ創刊号Vol.3
日付:2007/01/20
差出人:スピリチュアル・ボイジャーズ運営事務局 

◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎
……………………………………………………………………………………………
意識的な世界を創造する注目すべき人々
『スピマガ』スピリチュアル・ボイジャーズ《メールマガジン》 VOL.03
……………………………………………………………………………………………
◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◯▼◎☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎▼◯☆◎

2007年1月20日配信
---------------------------------------------------------------------
 
 こんにちは!
皆さんお元気ですか?昔、日産セフィーロというクルマのコマーシャルで、
井上陽水が出てたんです。彼は免許を持っていないので、助手席に座っている。
運転できないタレントがクルマのCMというのもすごかったんだけど、併走す
るクルマに向かって、窓を開けて「おげんきですか〜」って言うんです。
 丁度その頃、昭和天皇が病身で崩御される前だった、どうも「おげんきです
か〜」はないだろうということで、声をやめた・・・クチパクです。
 こんにちはっていう、出だしで、不思議なCMを思い出しました・・・

 さて、前回のスピマガからなんと10日も経っているじゃあないですか!
本当に早いですね・・・もう、1月も終わろうとしています。

 この一週間、ずっと東京にいたのですが、本当に忙しくて、いろんな人に会
いました。人と会うのはとても楽しいです。あえば会うほど人生が拡がって、
応援し、応援される。コミュニケーションの大切さをつくづく思いました。

 スピリチュアル・ボイジャーズ、スピボイもその後、いろんな反響があって、
皆さんから素晴らしいご感想を頂いたりして、僕としては、本当にまだまだな
のですが、出演頂くボイジャーの方々が素晴らしいので、非常に内容の深いメ
ッセージを頂けています。あらためて感謝致します。また、応援くださってい
る皆さんにも、本当に感謝致します。

 スピボイの目的の1つは『意識の電池』を創ることなんですね。幸せで豊か
な分かち合いの世界を広げていけるように、そうした高い意識を持った人々の
思いや意図をここに集めることで、多くの人々がこのサイトに集まって、エネ
ルギーの交換をします。そうしたエネルギーのコミュニケーションがどんどん
拡がることで、意識エネルギーの電池になるんです。
 もちろん、ここで蓄えられたエネルギーは、許しや愛、平和、悟りといった
深い癒しと喜び、そして、未来へとつながる広がりのある世界を創造するエネ
ルギーです。こうした、エネルギーの電池は、パワースポットと言われる聖地
などはこうしたエネルギーの電池となっています。
 逆に、負のエネルギーが溜まっている場所やそうしたものもあるわけで、い
い悪いはないけれど、そういうエネルギーが癒されることを祈るばかりです。

さて、今回のスピマガは・・・?


【目次】*************************************************************

◆スピボイ便り : 岩笛演奏家・横澤和也さんのインタビュー編集中!

◆新着情報 : Q&A、ファンボイスの追加、サポーターの募集

◆今回のスピマガ : パワーか、フォースか。

◆編集後記 : スティーブ、大クラッシュで骨折。無念のリタイヤ!

=====================================================================
◆スピボイ便り : 岩笛演奏家・横澤和也さんのインタビュー編集中!
---------------------------------------------------------------------
 先日、横浜のご自宅にてお話をお聞かせいただいた、岩笛演奏家の横沢和也
さんのインタビューを現在編集中です。これまででもっとも長いインタビュー
になったかな?そのままだとちょっと長いので、エッセンスを抽出していると
ころです。横沢さんは、以前いろんな集まりで、何度か顔を合わせる機会があ
って、スピボイが始まる時には、必ずお話を聞きたいと思っていた人です。

 本当に独特の個性を持っていて、フルートや横笛の演奏家としてクラシック
やジャズの分野で活躍されていましたが、ある時、自然石の岩笛に出会い、演
奏を始めるようになったそうです。天川神社で修行された経験もあり、岩笛で
神様を降臨させるというようなこともされていて、実際にご自宅で、過去に行
われたいくつかの儀式での連続写真などを見せていただきました。

 光が集まってきて、最後は光の柱ができるんです。すごい写真でした。お見
せできないのが残念ですが、近日、撮影された方の写真集としても出版予定が
あるとか、その時は皆さんにお知らせしますね。

 ご自宅では、とっても美味しいお料理などもいただき、なごやかに行われま
した。取材をお願いして、おもてなしもいただき、朝4時ごろまで話し込んで
しまいました・・・冥利に尽きます。横澤さんは、その朝、フィンランドに、
演奏旅行に行くために準備をされて・・・ということは寝てない?

 7時ごろには、フルートの練習が始まって・・・すごく元気です。睡眠が何
よりも必要な僕には考えられません。そして、僕のブログにも書きましたが、
朝出発前に、すごい地震雲が現れて、夜中にその雲が現れたエリアで地震があ
りました・・・その雲は奥様が教えてくれたんですが、そういう感性が働くあ
たり。。。ただもののご夫婦ではないなと・・・エネルギーをいただいて帰り
ました。

 お話もとっても深くて、すごく楽しかったです。皆さんに早く読んでいただ
きたいなあと思うので、せっせせっせと取りまとめにいそしみます。
ぜひ、お楽しみに!

◇ 話は変わりますが、スピボイのインタビューはすべて文章なのでメリット
とデメリットがあります。メリットは、読むというかたちなので、スピードコ
ントロールが用意で、何度も気軽に反芻できる。でも、インタビュー時の空気
感が伝わりにくいんですね。

 へ〜、ほう〜、なるほどぉ〜という感じの中にも情報があるんです。そこで
ここは面白い、聞かせたいという部分は、音声ファイルを一部貼り付けようか
なと考えています。読んでいただきながら、ここはという部分には音声を聞け
るものをクリックできるように・・・

 録音状態が悪いものもあるので、今後は、音声インタビューなんかも出して
行きたいので、今後のためにもいい録音を心がけたいと思います。
これも、お楽しみに! 


=====================================================================
◆新着情報 : Q&A、ファンボイスの追加、サポーターの募集
---------------------------------------------------------------------
 もうご存知かもしれませんが、スピボイにのトップページからQ&Aをアッ
プしています。このようにご質問などには、できるだけお答えしたいと思って
います。お便り待ってます。

 皆様からのメッセージをまとめているところです。公開OKの方は、掲載さ
せていただきます。
 また、別途、『私はスピボイを応援しています!』というページをつくって、
ショートメッセージとお名前を掲載できたらと思っています。
言ってみれば、これは、共同創造の世界の実現に向けての署名活動のようなも
のです。ニックネームでも本名でも構いません。
 願いの泉、祈りの泉に思いを投げる。意図を放つことで、現象を引き起こし
ていきます。ぜひ、皆様のご協力をお願いします。
 これについては、準備でき次第、再度ご案内いたします。

【ご協力のお願い】
 スピボイでは、ボランティアスタッフを募集しています。

 お願いしたいことは、取材した音声ファイルの書き起こしです。
結構大変な作業ですが、とっても貴重な生音源を聞けるので、臨場感があって、
その場でお話に参加しているような楽しさもありますし、書き起こすことで、
貴重なメッセージがさらに染み入るというような副次効果もあります。

 今後、コンテンツが増えていく予定ですので、やってみたいという方、
ぜひ、お知らせください。

 必要なスキルは、ワードとメールが使えることと、PC上で使用する専用の
コントローラーが扱えること(小学生でも使えます(笑)スピードもコントロール
できます)くらいです。

 ご興味のある方はこちらまで→ info@spiritualvoyagers.jp
 

=====================================================================
◆今回のスピマガ : 
---------------------------------------------------------------------
 今日お伝えするのは、僕が最も影響を受けた本のひとつ
『パワーか、フォースか』 (デヴィッド・R・ホーキンズ博士著/三五館)
についてです。

 この本は、スピボイで創刊インタビューを行った、エハンと奥さんのソニア
が翻訳した本ですが、すばらしい本です。この本を翻訳してくれたお二人は、
日本の社会にすごい貢献をしていると思います。

 「パワー」というのは、人を強くするもので、「フォース」というのは、
人から命とエネルギーを奪うもの。「フォース」は感覚を通して体感されるも
のですが、「パワー」は内なる気づきを通してのみ認識できるものと解説され
ています。

 人間は目に見える「フォース」のエネルギーによって生かされていると思い
込んでいますが、実際には、目に見えない根源的な「パワー」によって収めら
れている。そして、人間は、パワーをコントロールすることができないのです。

 多くの人々は、これまで「フォース」の力を追い求めてきました。でも、僕
たちの進化は、物質的なそれに留まることなく、意識レベルでの進化へと向か
っているのです。意識レベルの進化の頂点は、悟りの領域です。この本は、人
間の意識の進化について、非常に具体的かつわかりやすく事例を用いて解説し
てくれています。

 多くの人々が「フォース」の領域に留まるのは、意識が途方もなくパワフル
なアトラクターのエネルギーパターンによって、無意識のうちに「フォース」
を引き寄せているということなのです。

 ホーキンズ博士と研究チームは、ジョージ・グッドハート博士による研究と
ジョン・ダイアモンド博士応用をさらに広げ、キネシオロジーという筋肉の反
射テストによって、数千の対象を20年間に渡り、数百万回もテストして、
意識のエネルギーフィールドを実用的な数値でレベルわけして「意識のマップ」
をつくりあげました。

 この「意識のマップ」がすごいんです。簡単に言うと、仏陀、キリストの意
識レベルを1000として頂点に置き、人間の意識のレベルを数値で段階に分
けています。

『意識のマップ』
1000〜700:悟り
600:平和
540:喜び
500:愛
400:理性
350:受容
310:意欲
250:中立
200:勇気
175:プライド
150:怒り
125:欲望
100:恐怖
75:深い悲しみ
50:無感動
30:罪悪感
20:恥

 本書では、もっと細かく解説されていますが、このような感じです。
ここで、世界の平均レベルは、本書が書かれた段階では、210だったようで
す。勇気から中立へ・・・しかし、911以降レベルが下がって、いまでは、
203〜5という数値が計測されています。

 日本の平均は、640前後といわれ、これは驚くべき数値です。これは、日
本人全員が意識のレベルが高いというよりも、それ以上に意識レベルが高い人
たちがいるということのようです。

 この数値結果は、十進法による単純な数値ではなく、対数なので、300は
150の2倍を意味するのではなく、10の300乗のパワー意味するという
ことです。ですから、ほんの数ポイント数値が上がるだけでも、パワーはとて
も大きな増加を意味し、その逆も意味します。

 そう考えると、日本の意識レベルが数ポイント低くなると、世界はどうなる
のか・・・そう考えると、僕たちは、もう少しこのあたりを考えていかなくて
はと思わされるのです。

 今日はとても長くなりましたが、とても重要な本なので紹介しました。
まだ、お読みでない方は、僕は他のどんな本よりもお薦めします。人生のあら
ゆる側面で役立つ本です。持っていて、ちゃんと読んでいない方、結構いると
思います。何度も読んでください。世界がもっとすっきり見えてくるでしょう。

『パワーか、フォースか』 (デヴィッド・R・ホーキンズ博士著/三五館)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%81%8B%E3%80%81%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%8B%E2%80%95%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%92%E6%B8%AC%E3%82%8B%E7%A7%91%E5%AD%A6-%E3%83%87%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BBR-%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%BA/dp/488320300X/sr=8-3/qid=1169282419/ref=sr_1_3/503-5775190-8991910?ie=UTF8&s=books 

=====================================================================
◆編集後記 :
---------------------------------------------------------------------
 8日間の東京出張で、昨日やっと岡山に帰りました。その間、2本のインタ
ビューといくつかの仕事関係の打合せをしました。また、何人かの仲間たちと
交流して、たくさんの気づきももらいました。

 僕の周りには、本当に素晴らしい仲間がたくさんいます。この人はって言う
人がほとんどいない。昔はそうじゃなかったんです。こいつ気に入らないとか
嫌な感じとか・・・いろいろいました。でも、いまそう感じさせる人が周りに
まず集まってこないんですね。

 これは、決して我慢してるんじゃないですよ。気持ちを押し殺してるんでも
ない。これは、僕が変わったからなんです。こんなことを言うと殴られそうで
すがそうなんです。本当の自分に気がついて歩き始めると、障害だと思ってい
たこととか、自分が抵抗していたことなんかが、見えなくなる。

 あるのかもしれないけど、僕には関係なくなっているんです。いま、僕の周
りにはすごい才能を持った人たちがたくさんいて、共同創造の世界を創ってい
こうとしている強力メンバー粒ぞろいです。こうしたみんなが力をあわせれば
新しい世界は簡単にできる!なんて、気も軽くそんな気分になっちゃうくらい。

 みんなが持っているアトラクターフィールドはどんなアトラクターでしょう
か?いま、自分の周りにある問題や出来事は、すべてそのアトラクターが引き
寄せているもの。そのアトラクターパターンは、自分の本質に気づき、本質を
生きるようになれば、身の回りの世界が変わってくるのです。

 そのうち、そんなアトラクターを見つめる、見つけるワークショップでもし
ようかな・・・今日も、ありがとうございました! 

それでは次回まで!Keep spiritual surfing!

※皆さまからのメッセージをお待ちしております!
---------------------------------------------------------------------
ぜひ、スピリチュアル・ボイジャーズをお友達やお知り合いにご紹介ください!
http://www.spiritualvoyagers.jp
*********************************************************************
発行者:和田達哉(Robin)
    スピリチュアル・ボイジャーズ運営事務局
    株式会社パーセプション内
URL : http://www.spiritualvoyagers.jp
Mail : info@supiritualvoyagers.jp
和田達哉のブログ : シンクロないす・ド・ワンダーランド
http://robinstyle.way-nifty.com/sincronicewonderland/
---------------------------------------------------------------------
Copyright 2006 Tatsuya Wada/Spiritual Voyagers,All Right Reserved.  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

■発行人 ワダタツヤ

■発行者:クエストカフェ運営事務局
     株式会社マイルストーンデザイン内

◎ご意見・ご感想・お問い合わせ
 https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=mile&formid=109
    
メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
バックナンバー一覧に戻る